安全、安心、さらにおいしいOBEオーガニックビーフ

生産地チャネルカントリー

OBEオーガニック・ビーフは、オーストラリアの内陸部に広がる「チャネル・カントリー」で生産されています。 ここの環境は、私たちの想像もつかないほど変化します。 (右の地図上から見ると赤い地域がチャネルカントリーです。)
OBEビーフ社の所有牧場総面積は、なんと北海道と同じくらいの広さなのです。
この地域は、雨季にオーストラリア北部にもたらす降雨により、毎年洪水が発生しています。 この洪水により河川が氾濫し、大きな流れとなり「チャネル・カントリー」に流れ込むのです。 この自然現象が、OBEオーガニック・ビーフ生産の土台になっています。 夏の降雨が、牧草を豊富に生い茂らせ、冬の降雨によって、水分を多く含んだハーブや牧草を育てるのです。

農薬・成長ホルモン・化学肥料・人口飼料などとは無縁の環境

この「チャネル・カントリー」は、集約農業あるいは農薬殺虫剤を大量に使用されている地域から 数百キロメートルも離れ、完全に自然な環境を保っているのです。 言葉を変えると、チャネルカントリーは、農薬・成長ホルモン・殺虫剤・化学肥料・飼料添加物・人工飼料・その他の不純物 とは無縁の環境だと言えます。

地理的に孤立した「チャネル・カントリー」の、害虫がまれな環境において、OBE生産者は、2代・3代にもわたる有機農法への転換努力を行い、OBEオーガニック・ビーフ生産システムをつくり上げてきたのです。